コンタクトレンズ教室

正しいコンタクトレンズのケア

 眼科医の処方を受けたコンタクトレンズを使用していても、レンズケアが不適切であったり、レンズが汚れていたりすると、快適に装用出来なくなるだけではなく、重篤な眼障害を起こすこともあります。コンタクトレンズ装用によるレンズの汚れ具合は人それぞれです。コンタクトレンズ装用者の性格も様々で、レンズケアを確実に実施できる人もいれば、レンズケアを面倒くさがる人もいます。こすり洗いを面倒くさがる性格でなくても、指先があれているために、こすり洗いが出来ない人もいます。そのため、コンタクトレンズの種類、汚れの程度や種類、装用者の性格、眼の状態などを考慮して、個々の使用者に合った適切なレンズケアを選択する必要があります。
 「正しいコンタクトレンズのケア」とは、個々のコンタクトレンズ使用者が安全で快適に使い続けることができるレンズケアであり、メーカー指定のケアを行うことではありません。まずは基本的なレンズケア手順からはじめ、定期的に目やコンタクトレンズの状態をチェックし、汚れが落ちない場合には眼科医に相談してケア用品を変更するなどして、自分に合った「正しいレンズケア」を見つけ、実行していくことが大切なのです。